もっと厳しい試合になるんじゃないかと思ってみたいです。

202021シーズン大韓民国KBL31ラウンド[13勝18敗]の成績を記録しながらリーグ8位の座に位置しているソウルSKは、優勝候補で競争力のない下位グループと評価されている状況、確実にシーズンを行うにつれて主戦選手たちの負傷と共に、チーム内の良くない雰囲気まで考慮することになるだけに、今回の試合でもソウルSKが休息期以後にも大きく変化する姿を見せるのは難しいという点を強調してくれるだろうという事実、そして個人的に負傷者たちの試合も事実、 今回の試合でも確実な優勢を予想するのは難しいと思います。

果たして今回の試合でだけは自分たちの試合運営を見せられるかどうかを見守るソウルSK、個人的にジャミル·ウォニ-ミネラスの活躍を除いた国内選手たちの戦いになる可能性が高いと思うのですが、最近オ·ジェヒョンが得点リーダーになっているという事実だけを考えても、ソウルSKの国内選手たちがどれほど不振が続いているかが明らかに分かる記録だという事実、個人的にチャン·ムンホ-チェ·ブギョン-チェ·ソンウォン-チェ·ウォンヒョクの活躍を除いても、得点リーダーになっているということは間違いないです。 事実だけを見ても、個人的に休憩期間中に大きく発展した姿を期待するのは難しいと思います。

[遠征チーム] 原州DB

202021シーズン、大韓民国KBL30ラウンド[8勝22敗]の成績を記録しながら、リーグ10位の座に位置している原州DBです。 「今シーズンも良い成績を残すのではないかと期待していた原州DBの競技力は、シーズン序盤から主力選手の負傷と競技力そのものがあまりにも揺れる姿、また外国人選手の残念な姿が続き苦戦したという事実を考慮してみますが、原州DBが変化した姿を見せるためには、個人的にディフェンスに対する問題点よりはオフェンスに対する問題点が明確に出てくるチームという事実、最近になってもあまりにも得点力そのものが不安定な状態です」

今回の試合でだけは国内選手たちの集中力がもっと重要な試合、特にキムジョンギュ-ホウンの存在だけでも差を見せることができるという点を強調してくれるが、個人的にウォンジュDBも期待したほどの活躍を見せていないという事実から予測し難い勝負が続くのではないかという事実、ウォンジュDBとしてもノックスとメイトンが見せるフェイントゾーンで得点力とリバウンド競争では簡単に後れを取らないプレーを見せてくれると思うのですが、これからはウォンジュDBがどんなに有利になるか。立派な姿を見せることができるか、 見守っていく競技です。

1月20日KBL 19:00 [新韓銀行VSハナワンキュー]

[ホームチーム] 新韓銀行です。

202021シーズン韓国WKBL20ラウンド[11勝9敗]の成績を記録しながらリーグ3位の座を守るためには1試合1試合が大切で重要な新韓銀行です。 個人的に競技力はウリィ銀行とKBスターズの次に一番良いプレーを見せてくれたと思うようになりましたが、最近になって新韓銀行の選手たちの野投率がかなり良いという点とともに、ベテラン選手たちと新人選手たちのバランスが非常によく合っている姿を見せながら、最近の競技力だけを考慮すれば、むしろウリィ銀行よりももっと良いプレーを見せてくれたと思うようになりました」 今回の試合では、今季4回の正面対決でいずれも圧倒的な差で勝利を収めたハナワンキューとの正面対決を行うだけに、新韓銀行が油断さえしなければ、差を見せることができるのではないかと期待している。

最近のベテランたちの活躍と共に若い選手たちの野投率が優れた姿を見せている新韓銀行、個人的には変わった姿を自由チュー成功率に対する集中力がかなり優れているという点を覚えていますが、ハンオムジ-キムアルムの活躍が続いていればハンチェジン-キムダンビのたゆまぬ活躍と共にもっと良いプレーを見せてくれるという事実で新韓銀行の活躍を続けて期待してみるという点、ハナウォンキュを相手には特に良いプレーをもっと見せてくれると思います。 野投率的に良いプレーを見せて、스포츠중계 新韓銀行が内郭·外郭を問わず、オフェンスの活躍を見せてくれるかどうかを期待する。

[遠征チーム] ハナ、ワンキューです。

202021シーズン韓国WKBL20ラウンド[4勝16敗]の成績を記録しながら連敗を止められず揺れているハナワンキュー、今回の試合で良いプレーを見せてくれるかも予測し難いほどの競技力では改善するような姿さえ見せていないという事実、今回の試合でハナワンキューが良いプレーを見せてくれるためにはディフェンス的な問題点よりは、引き続き落ちる野投率とオフェンスに対する点がはっきりしているでしょうという事実、今回の試合でハナワンキューが良いプレーを見せてくれるということです。道はもっと厳しい競技になるんじゃないかと思ってみたいです。

カン·イスルが復帰した理由として競争力を見せたものの連敗を止められなかったハナウォンキュー、今回の試合で良いプレーを見せるためには個人的にカン·イスルが続いた活躍とゴール下ではカン·ユリム-ヤン·インヨンが流れをどれだけ維持できるかどうかが重要だという点を強調してくれる事実、個人的にハナウォンキューが今までは得点力自体が大きく揺れる姿が続いているという事実を強調するようになり、シン·ジヒョン-カン·インヨンがまた、ハナウォンキューを相手にしているという事実を強調してくれるようになり、また、シン·ジヒョン-カン·ジヒョン- いるかどうかを見守る競技です。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다